40代 白髪染め 色

40代におすすめの白髪染めの色の選び方

髪を染めた女性

40代の方におすすめの白髪染めの色と言えば、ブラウンです。一口に茶色といっても、オレンジ系のブラウン、ピンク系のブラウン、ダークブラウンなど、様々な種類があります。薬液を使って染める染毛剤には豊富なカラーの種類がありますが、ここ最近ではトリートメントタイプのものにも、様々なブラウンのカラーがあります。

 

では、どのようなブラウンを選ぶとよいのでしょうか。トリートメントタイプの場合、白髪の部分しか染まらないということを念頭に置く必要があります。したがって、地毛より黒いものを選んでしまうと不自然なブラックが際立って40代より年齢が高めに見えてしまいます。また反対に、地毛より明るすぎるものを選んでも、若作りしているように見えて、かえって周囲の人に老けた印象を与えてしまうことになってしまいます。

 

したがって、一番自然なカラーは、最も自分の地毛に近い色を選ぶということです。もしくは、自分の地毛よりワントーンだけ明るいカラーを選ぶことによって、40代でも少し若見えすることができます。ワントーン明るいカラーを選ぶとメッシュのような感じになりますが、極端に色の違いができるわけではないので、自然な仕上がりにすることができます。

 

白髪染めの最大の注意点は、できるだけ自然な仕上がりにすることを心がけることです。これは、トリートメントタイプのものに限らず、染毛剤のものを使うときにも同じことがいえます。特に染毛剤は髪の毛全体を染めてしまうので、不自然に明るかったり、黒かったりすると、実年齢より高く見られがちになってしまいます。

 

特に、40代の方というのは、白髪染めのカラーの選び方によって、まだまだ若くみられる30代に見られたり、もう孫がいてもおかしくない50代に見られたりする微妙なお年頃です。したがって、30代の頃のようにカラーを楽しむということも大切ですが、年相応に自分に合ったカラーを選ぶということが重要です。